気持ちいいオナニーのやり方

気持ちいいオナニーのやり方、男性の場合

投稿日:2017年9月26日 更新日:

男性の場合、自慰自体を多くしてしまう物です。

男性は性欲などの欲欲求を自らコントロールする為にも、自慰をするのは悪いとは思いません。

自慰のしかたも色々あると思います。

ただ、好きな女性の事を思い浮かべて、してみたり。

雑誌や、アダルトビデをを見ながら自慰を行うこともあると思います。

どちらも気持の良い物だと思いますが、より気持ちよく、自慰をしようとするならば、より、鮮明に感じられるように、より、リアリティを持たせなければいけません。

 

リアリティを持たせる為には、視覚、聴覚、感触、と言ったものをまず、用意しなければいけないでしょう。

そのうちの、視覚と聴覚を満たすにはAVなどを見ながらすると言うことで、女性の体や、感じている声を聞くことで満たすことは意外と簡単に出来ると思います。

レンタルビデオ屋さんに言ってAVのDVDなどを借りてくれば済む事です。

レンタルビデオ屋に入るだけならば、一見AV目当てとは、わからないし、レンタルビデオ屋のアダルトビデオのコーナー付近で知り合いの女性と鉢会ってしまうような事もめったにないでしょう。

お金も高い物でもないですから、視覚と聴覚は意外と簡単にみたすことができます。

 

しかし、問題は感触です。

感触は実際に触れたり感じたりするものなので、そう簡単にはいきません。

男性器が女性器に似たような感触を受けるような物は、ハッキリ言ってなかなかありません。

男性用アダルトグッズを取り扱っている店、いわゆる大人のおもちゃを売っている店に行かなければなりません。

しかし、そういう店舗に入る事は男性でもやはり恥ずかしいと思うものです。

たとえ、知り合いの男性にそう言うお店に入るところを目撃されたとしても、かなり、バツが悪いでしょう。

見られたのが、女性ならなおさらです。

それに、男性用アダルトグッズは意外と高価な物が多いです。

リアルティに複雑な女性器の感触を出さなければいけない為、コスト的に高くなるため、売値も高いです。

感触を満たすものは簡単に手に入りにくいのです。

かといって、家庭にあるもので簡単に代用できる物があるかと言うと、殆どありません。

では、どうやって女性器に近い感覚の物を用意するかというと、それは、ネット通販です。

現在ネット上で殆どのものが買い物できる環境が出来上がっています。

ネット通販で手に入らない物はまず無いと言っていいくらいです。

男性向けアダルトグッズも同じです。

ネット通販サイトの男性用アダルトグッズを見てみれば。

女性器の感触に似た物、いわゆるオナニーグッズ、と言う物が多種多様で販売されています。

しかも、値段も、実際、お店で売っているのよりもかなり安い値段で買うことが出来ます。

自宅に届く際も、アダルトグッズとはかかれませんし、最悪、自宅で受け取るのが嫌なのであれば、コンビニ等でも受け取れます。

ネット通販を利用する事で,女性器の感触に似た、アダルトグッズが比較的、安い値段で用意することができます。

 

これで、視覚と聴覚と感触を満たすものが揃いました。

後はいつするかというタイミングだけです。

毎日、毎日自慰行為をしてしまう男性もいると思いますが、短期間のうちに同じように自慰行為をしてしまうと、さすがに、快感自体も少ないものになってしまいます。

慢性かしないように、暫く、期間をあける方がいいでしょう。

男性の精子は、普通、一日でいっぱいになると言われていますが、毎日、自慰をしてしまう人であっても、せめて2~3日に一回ぐらいを心がけて、数回に一度だけAVを見ながら、アダルトグッズを使用した、特別な自慰を行えば、ある種、特別な快感を得る事が出来るでしょう。

後は、アダルトビデオ自体を見た事の無い、他の物に変えてみるとかして、違う女性を見ることや、声を聞く事で、ある程度新鮮な気持が維持できて、気持のいい自慰をする事が出来るでしょう。

 

ここから先、更に気持ちよくと思うのではあるのであれば、女性器の感触に当たるアダルトグッズを他の物に変えてみて、新鮮感触を味わうとか、自慰のシュチエーションを変えるとか、少し工夫していくしかありません。

新鮮な刺激を受ける自慰がより快感を感じてしまう自慰なので、ちょっとずつ、何か工夫して、新鮮な気持ちになれるようなことを見つけていくしかありません。

どうしても、男性の場合、自慰を行う事が多い生き物ですから、刺激が慢性化してしまいやすいです。

ハッキリいって目的行為は同じなので、ある程度物理的な環境をそろえる事が出来たら、もう、後はシュチエーションを変えるとか、いつもと少し違うように違う気持に慣れるように、少しずつ工夫していくしかないのです。

少しだけいつもと違う環境で自慰を行う事で、受ける快感はやはり違ってきます。

より気持のいい自慰をしたいのであれば、物理的なものを取り揃え、後は、タイミングと工夫と言う事になります。

そうすれば、気持のいい自慰を行うことが出来ます。

-気持ちいいオナニーのやり方
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

手軽にできる気持ちいいオナニーのやり方6選 男性編2017夏

こんにちは、今回は気持ちいい自慰行為のやり方男性編2017夏、ということで気持ちの良いオナニーの方法を考察していきたいと思います。 常日頃からの手淫オナニーに飽き飽きしている方の参考になればと思います …

no image

自慰で快感が得られる、場所、方法、おかずなどについて

オナニーをする場所 オナニーは、寝る前に布団の中でこっそりしたり、勉強の合間に自室でする人が多いと思います。 しかし、思春期から大人になると、ありきたりな場所だけではオナニーに快感を感じなくなってくる …

no image

オナニーはやり方、オカズを変えるだけで快感が倍増する

・定番のやり方がある 男性なら、誰しも自慰行為をすると思いますが、その際、やり方が定着してしまいませんか? かくいう私もそんな一人で、毎回似たような自慰行為に終始していました。 私の場合、自慰行為をす …

no image

気持ちいい究極の自慰行為のやり方と注意点を分析する

自慰行為は1度はまってしまうと、その快感が癖になり、抜け出せなくなるほどの中毒性をもっています。 すでに行っている人は自分のやり方というものを確立していると思いますが、もう1歩先へ踏み出してみませんか …

no image

処女の頃も中学生の頃も人妻になっても変わらないこと。

◎初めて自分で自慰行為をした時。 私が自慰行為を一番最初にしたのは、中学一年の時でした。 中学一年の時はこれが自慰行為だと分かってしていたのではなくて、たまたま股間付近に当るものに対してちょっと気持ち …

連絡先

何かありましたらTwitterのDM、もしくはメールにてご連絡お願いします。

tokky.adult@gmail.com

@hack_sao