性の知識

人間の性、男性の性的感情と行動パターンについて

投稿日:2017年9月26日 更新日:

■ まず、一般的な用語としての「性」とは

性という意味合いはいろんな風に解釈されますし、読み方によってもその意味が異なりますね。

単なる性はセックスが一般的ですが、性では性質の性であったり、根性の性であったりと様々です。

 

そんな中でも「性」といわれればやはりセックス(sex)の性になるのが一般的と想われますね。

先ず、性といわれれば地球上の生き物の多くは種(しゅ)にみられるように、二つの形態の区別分類できるもので、人間であれば勿論、男性であり女性ということになります。

又、一般の動物や植物であれば雄(あす)と雌(めす)ということになります。

此れは、同種のものが地球上に子孫を残すという大事な役目が有って、雄(おす)の種を雌(めす)の精に受け入れる事で受精がなされ子供や子孫が生まれるという生物学的な意味合いになります。

同一種の生物が2グループ の雄と雌 に分ける特徴から性的に生殖が行われ,このことは、すべての生命体において極めて密接に係わり合いを持ち、構造として織込まれており,いずれも同種や種族の繁殖と存続に関係してくるものです。

つまり、性というのは生殖行動であって繁殖と長期間にわたって存続するための性的な生産行為(再生産)ということにもなります。

 

■ 男性としての感情と性(セックス)感覚

さて、男の性的心理とか行動としてはより積極的な面が一般的であり、つまり、女性は受身で男性を待ち望んでいるという考え方になるのが普通とされています。

男性の性的な心理、この心理と言う自体の意味からすると、或る心の働きや心の有様、これによって表れる性的行動ということになりますか。

 

一方、本能という心理に似たような語句があります。

これは人間を含めた動物的な行動様式で、生まれつき持っていると想定されている性質やある種の行動パターンということになるでしょうか。

男性の性的な心理や行動を考える時、男は概ね思考的であり計画的であり、計算的である半面、実に積極的であり、行動的であり、そして闘争的であり、前向きであり、攻撃的です。

この行動を想うとき、他の動物にの行動パターンに良く似ていますね。

逆にいいますと此れが雄であり、男であり、昔からの生物的な性的行動なのです。

要約すると、先ず男というのは恋愛においてもその後の性的関係においても、ジックリと考えて何時どのようなタイミングで行動をおこすか、そのための実行手段としてコレをしてみよう、アレを試してみよう、そして、それはいつ行動しようか、更にはあの子を獲得するには周りに邪魔な者や意見があろうが突き進み、更に其れを排除してまで実行しようとします。

此れが男の感情、行動パターンとして挙げられるでしょう。

■ 男性の性欲とフリーセックス

以上記載したように、人間の男性というものは内なる性(さが)としては意外というか非常に計算が高い人種ですが、しかし、外面的には女性の複雑な心理状態から比べると一言で言うなら「男は単純でわかりやすい」のです。

こうした男の単純さからみれば、どちらこと言うと単細胞的な生き物かもしれません。

 

例えば特に女性に対しては回りくどいたとえ話などは苦手であり、謂わば、直接的にストレートに自分の気持ちを伝える人の割合が多いことに気が付きます。

冷静に客観的に観れば、アプローチする時の行動や態度、感情が単純に表れて簡単に好きか、嫌いかを表現してしまいますし、女性からすれば男性というのは簡単に読み取る事ができるのです。

確かに、男性と女性とは基本的にはいろんな面で異なり、まして相方を異性として見た場合は理解しづらい部分も沢山存在するのも確かです。

 

人間の男性(女性も含む)の特徴として他の動物とは異なって10代から性的な興味を持つようになってからは、季節や年数、年代に関係なく永久的に性的欲求というのは常にあります。

つまり、フリーセックスの欲求が常に存在している事です。

何処かの国みたいに一夫多妻で子供が何十人もいるという人種もいるようで、此れが本来の動物的な人間の行動かもしれないのです。

また、フリーセックスというのは動物が本来持っている本能のようなもので、近親者とセックスするほかに他の異性に種をばら撒いて、より優秀な子孫を残そうとする生物的本能もあるのです。

 

■ 男性のフリーセックスの本性

一夫一婦制の社会や国においては道義的には妻以外の人と交わってはいけないという社会的な通念があります。

しかし、人間の性欲は延々と途切れることなく続くもので、ツイツイ不道徳に陥ってしまうときもあります。

此れが社会的にも非難される浮気や不倫といった行動です。

人間というのは感情的な動物であり、感情を抑制しなければならない動物でもあります。

しかし、報じられているように世に不倫や浮気は耐えませんし、まして、社会的に地位のある人は発覚されたらマスコミなどにも大きく報道されて、其の人たちを追い込んでしまいます。

「世に男女間の不和は絶えない」とはよくいったものです。

 

又、男にしろ女にしろ性的接触を求めるあまり、結果的に異性を騙すことにもなりかねません。

特に昔から女性が社会的にも文化的にも積極的に性を求めるべきではない、という風潮がありましたが、近年ではそのような古めかしい習慣もなくなって、女性も積極的に恋愛や性を楽しめるようになりました。

勿論、性や愛というのは独占欲がつきもので、此れは男も女も変わるものではないでしょう。

つまり、相手を我が物として、自分に縛り付けておきたい所有欲です。

この所有欲や独占欲を満足させるためにも、早く性的な関係をもっておきたいとするのが自然の行動でも有ります。

しかし、愛がなくても性だけがあれば良いという考え方もあります。

特に、男性はフリーセックスの立場からも性的処理をするところもれっきとして有ります。

其れが「風俗」という社会一般に認知されている業界もあるのです。

浮気や不倫が気になる男性は、大いに風俗に行きましょう。

-性の知識
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

女子高生の性の知識やセックスの経験率などについて

●はじめに 最近の若い人の性の知識は、どうなっているのか気になる人は多いでしょう。 これからその若い人の性の知識や、セックスの経験率などについて話をして行きます。 ここでの若い人というのは、主に女子高 …

no image

日本の中学生の性知識は漫画がアダルトビデオ程度しかない

日本は性の知識を得ることについてタブー視し過ぎている 日本人の男性、女性にかかわらず性の知識を得る際、学校で習うかというと学校で習うことはコンドームのつけ方位でしょう。 他の国と比較した際かなり遅れて …

no image

男性が秘密にしているオナニーやオカズ、頻度について。

女性が知りたい男性の秘密である性欲 職場や学校などで気になる男性がいて、いつしか恋に発展した時に気になるのはその男性のことだと思います。 彼はどのような女性が好きで彼の性に関しても気になるという人は多 …

no image

性行為をもっと身近に~フリーセックス文化という第一歩~

「性欲は人間の三大欲求の一つ」 性に関すること、例えば性行為だったり自慰行為だったり卑猥だとかお下劣だとか捉える風潮が世の中にはありますが、性欲というものは食欲、睡眠欲に並ぶ人間の三大欲求の一つです。 …

no image

ウブな箱入り娘のセックスに対する誤解と経験してみて

性の知識は育ち方と関係あり もう成人している女性の私ですが、性への目覚めは遅く、また環境上性に関する知識は恐らく平均的な人よりも乏しく、色々と知るのや経験するのも遅めだったと思います。 親もあまり積極 …