高校生初体験

「ゴム無いけどいいかな?」「はあ?」処女は大切な人にとっておこう

投稿日:2017年9月11日 更新日:

私は高校1年生。彼は大学2年生でした。

初めて彼氏が出来て、何もかもがドキドキでした。

異性と二人っきりでのお出かけ、デート、手をつなぐだけでもドキドキしっぱなしでした。

 

しかし、なかなかその先には進みませんでした。

後から分かったことなのですが、実は彼も異性とのお付き合いが初めてだったそうです。

彼は大学生だったので、いろいろと経験があるものだと思っていました。

それに、男の子が女の子をリードするのが当然だという考えも当時の私にはありました。

何でキスもしてくれないの?

せめて間接キスだけでも・・・

そんな思いで、自販機でジュースを買ったタイミングで「そっちのも飲ませて」と言う作戦を思いつきました。

 

デートの途中で、ジュースを買うことになりました。

やったぁ、ついに作戦を実行する時がきました。

彼が私に「何にする?」と聞いてくれたので、「これにする」と言うと「先にボタンを押して」と言われ、私の選んだジュースが出てきました。

その後は、私の作戦通りに進めれば、間接キスは間違いなしだと思いウキウキしていました。

 

思い通りには、なかなか物事はうまくいかない。

これで間違いなく、今日は間接キスが出来ると思い込んでいました。

しかし、私の中で想定外のことが起こりました。

何と彼が、「どれにしよっかな?」「○○と同じやつに決めた」と言って

同じジュースを選んだのです。

正直、同じものを選ぶということは、私の頭の中にはありませんでした。

期待していただけに、がっかり感が大きく、驚きを隠しきれませんでした。

その後も続くがっかりの連続。

理想と現実は随分と違っていた。

 

何日か経ち、やっと彼の部屋でファーストキスをしました。

彼はキスの直後から「ごめんね」「下手でごめんね」を連呼していました。

私は初めてなので、キスが上手いとか下手だとか、そんなことすら分かりませんでした。

それに、例え私に気を遣って言ってくれていたとしても、そんなことは言わないで欲しかったです。

常にリードしてくれる、頼もしい存在であって欲しいという思いが、私の中にはあったのですが、ことごとく裏切られていきました。

その流れで「いいかな?」とブラウスのボタンに手をかけられました。

「うん」と返事をすると、「ごめんね。見せてね。」と言われました。

またごめんねか・・・と思いながらも、されるがまま、

徐々に洋服を脱がされ、初エッチへと行きそうだったのですが、脱がすだけで、眺めるだけで、それだけでした。

「ありがとう。風邪ひかないように。早く服を着て。」と言われました。

自分の中で「はぁ?」が止まりませんでした。

 

また別の日に、彼の部屋でビデオを一緒にみていたら、だんだんと距離を縮めてきて、キスをされ、「いいかな?」と聞かれました。

今日こそは、とうとうするんだ。と私もドキドキしながら「うん」と答えました。

すると、「ゴムないけど、いいかな?」と言うのです。

「はぁ?」またしても想定外の発言で、もちろん「いやだ」と答えました。

すると、「わかった。じゃ今度買ってくるからね。」と言っていました。

ありえないという思いでいっぱいでした。

 

また別の日に、部屋へ誘われました。

ベッドカバーなどが新品へと取り換えられていて、今日はいよいよ・・・という感じが見た目にも分かりました。

彼が「今日はちゃんと買ってあるから」と言い、ベッドへと誘われました。

ゆっくり服を脱がされ、私もここまで随分と待たされたけれど、とうとうするのねと、気持ちが高ぶり、触らずとも自分が濡れ濡れな状態であることが分かりました。

彼がゴムを装着すると、私の上へまたがりました。

 

分からない同士では、全く上手くいかない。

やり方?そんなことは教わったこともなく、見たこともなく、初めて同士、どこへどう入れて良いのか、体位も分からず、結局挿入には至りませんでした。

そんなことは、男なら予習でも何でもしておいてくれ!という気持ちになりました。

彼は、何故わたしのアソコがびちゃびちゃだったのかも、その時には分からなかったらしく、後日、自分のお兄ちゃんに聞いて理由が分かったと言っていました。

全てががっかりでした。

 

結局その彼とは、その後何回か試みるも、上手く挿入出来ませんでした。

毎回、お互いの部位を指で触ったりするに留まりました。

「口にくわえて欲しい」とお願いされ、彼のものを口で舐めたりしてあげましたが、舐められることはなかったです。

 

そんな関係は長くは続かず、結局別れることになりました。

今思えば、あんながっかり感満載の彼と、挿入に至らずに本当に良かったと思っています。

その後何年か経ち、私は最高の彼と出会うことが出来ました。

全てをリードしてくれる、何でも知っている、とても素敵な私の理想にぴったりな彼でした。

その人と、最高に幸せな、初めての挿入を経験することが出来ました。

彼と結ばれた時に、処女をとっておいて良かったと心から思いました。

-高校生初体験
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

童貞の卒業式。高校生よそんなに焦ることはないと思う。

高校二年生の秋、私は焦っていました。仲の良い友人達が次々に童貞を卒業していく中、彼女が出来ても中々行為に発展せずにフラれる現状に非常に焦っていました。 周りの友人達はそんな私に「焦ってするもんでもない …

no image

女子高生処女喪失、年齢差13歳のおじさんと初デート後

私の処女喪失はあっけないものでした。 高校生、18歳のときに、きっと遊びたい盛りだったのでしょう。 また、周りの子達よりも早く、と、若干焦っていたのもあるのだと思います。   きっかけ 相手 …

no image

同級生とセックスをし中出しした高校生時代の思い出

私の通っていた高校は元女子高で、私が高校に在籍していた時も3対2の割合で女子の方が多数派でした。 そんな女の子だらけの高校で、私は二年生の時に運動会で棒倒しに参加しました。 棒倒しは、大きな棒の先にあ …

no image

処女のJCと一緒にお風呂に入っておっぱいなど触りながら

1.彼女との出会い 私が彼女と出会ったのは、あるカフェでアルバイトをしている時に、JCが後から一緒にバイトをすることになったのです。 私は、社員からJCに仕事を教えるように指示をされたので、服装から仕 …

no image

【高校生】知識のない私と、ちょっと間違った知識を持った彼の初体験

彼との出会い、付き合うきっかけ 30歳主婦のYといいます。 高校2年生の時に初めてTくんという彼氏ができました。年は一つ下でした。 当時私は合唱部に所属していましたが、目指す大会などもなく、顧問もほと …