えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

大学生初体験

夫には口が裂けても絶対言えない処女卒業した秘密の体験談

投稿日:2017年9月9日 更新日:

私現在28歳、子持ちの専業主婦です。

過去の話になりますが、私の初体験のお話をぶっちゃけたいと思います。

 

私が初めて彼氏ができたのは、遅めの20歳。

奥手なので、それまでは片思いとか男の子と仲良くなるのも得意ではありませんでした。

 

そんなとき、友人に誘われて行ったコンパで知り合った二歳年上の男性と仲良くなり、一気にお付き合いすることになりました。

このとき自分が処女だということを彼に知られるのも嫌だったし、キスはしたことあったけど自分の経験のなさにやたらとコンプレックスを感じていました。

でも処女だとばれずにこれから付き合っていくのは、無理だと思ったので伝えました。

特に気にした様子もなかった彼で、ほっとしました。

 

そして、彼の一人暮らしの家にお邪魔した時に、ついにいいムードになりイチャイチャし始めました。

なにもかも初めてで、彼に胸を見られていやらしく触られていることにドキドキし、これからされることを考えると怖い気持ちもありましたが、興奮して濡れていきました。

でも・・・。

私のあそこに彼が指をいれるだけで激痛が走りました。

こわかったので、恐怖で余計に痛く感じたのだと思います。

あまりの痛みにあり得ないと思い、その場でえっちは中断。

手で彼をいかせてあげて終わりました。

 

その後も日を改めて何度もチャレンジするのですが、痛いのと、うまく挿入できないのもあって、ちゃんとエッチすることができませんでした。

次第に痛がる私に嫌気をさしたのか、文句をいうようになってきました。

それが原因ではないですが、この彼とは合わず、半年ほどで別れてしまいました。

結局挿入できることもないまま、彼とのお付き合いは終わったのです。

 

そして彼と別れて間もなく、エッチに対する不安を持ちながら過ごしていると、社会人サークルで一緒になった30歳の男性と意気投合し始めました。

10歳年齢が離れているのもあり、一緒にいるとなにもかも新鮮で、こんな年上の人と話す機会もなかった私だったけど私にアプローチしてくるその人のことがだんだん気になり始めました。

でもその人は、周りからの情報によるとすごいプレイボーイみたいで、私は遊ばれているだけなのではないか、と思うようになりました。

でももしそうだとしても、一緒にいるといろんな悩みを聞いてくれるし、行ったことがないような場所に連れて行ってくれたりして、なにより年下としてたっぷり甘えれるので、好きになる気持ちを抑えることはできませんでした。

そして彼をどんどん好きに。

前の彼氏と別れたばかりで、またやな男に振り回されて辛い思いや失恋するのは嫌だったので、それでも付き合うことはしませんでした。

そんな彼といるとありのままの自分がさらけ出せるようになり、自分がコンプレックスに感じていた性の悩みも打ち明けるようになっていきました。

経験豊富な彼に、なんとかしてもらいたいとかそんな気持ちがあったのだと思います。

もちろん彼はその悩みを聞くなり俺に任せて、と私を抱きたがりました。

もう私はエッチができるようになるなら遊ばれててもいい、と開き直り彼とホテルに行くことにしました。

 

そして私は彼に身を委ねました。

すると前の彼氏とは格段にうまさが違う、ってかやり方が違い?

前戯の時点で気持ちよさのレベルが高かったです。

いろんな体のあちこちを何度も責められ、今まで感じたことのない気持ちでどうにかなってしまいそうでした。

 

そして問題の部分。

やっぱりこれに関しては痛い。

プレイボーイにされても痛い。

指を入れられるだけで汗びっしょりかいて泣きそうなくらい痛かったです。

でも彼は大丈夫、といいつつ止めてはくれません。

前の彼氏のときは指さえもまともに入れれなかったので、少し強引にされてこのときはようやく入るようになりました。

そして出血。涙

 

そのあと挿入までされそうになりましたが、あまりに私が絶叫していたがるので、その日は指だけで終了しました。

そして彼と二回目のホテル。

やはり慣れでしょうか。

指を入れられる分はそれほど痛くなく感じ始めました。

それでもすんなり入るわけではないです。

びしょびしょに濡れてても痛いのです。

 

そして挿入チャレンジ。

指の何倍もあるものが押し入ってくるのは本当に拷問。

こんなんで私は子供を産むことができるのかなんて考えつつ、天井をみながら耐えました。

もう汗だくで、私はなにを頑張っているのだろうと地獄の時間を耐えました。

するとようやく入ったのです。

入れてから、少したてばなれるもので、激しく動かされてもそれほど痛いとは思わなかったです。

要は、挿入のときだけ、また抜くときだけ痛みを感じるのでした。

 

そんなこんなで私の初エッチは幕を閉じました。

最悪の初体験だけど、別に後悔はしていません。

そのあと彼と何度か体だけの関係を持ったのですが、今の旦那と出会ってからは疎遠になっていきました。

こんな体験、口が裂けても旦那には言えませんが、私の秘密の体験談でした。

-大学生初体験
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

男湯でオナニーしていたDカップ女子マネージャーとえっち

順調だった大学生活 私は大学時代、バスケットボールのサークルに所属していました。 私は、小学校・中学校とバスケットボールをプレイし、高校でインターハイに出場した経験までありました。 その為私は、大学で …

no image

大学生の時に同じサークルの女の子に童貞を奪われた話

私が大学生の時に少し気になっていた女の子と初体験をしました。 彼女とは大学のサークルで一緒だったのですが会話は特にあまりなくてサークルの活動や飲み会があるたびに彼女と会えてた感じでした。 大学生活を満 …

no image

女子大生達にビーチで逆ナンされてラブホで3Pをして…

童貞を卒業すべく肉体改造 私は、神奈川県で会社員として勤務する義弘といいます。 年齢は30歳です。 私は、今から12年前に横浜の大学に入学しました。 しかし、中学・高校と勉強一筋だった私は、彼女はおろ …

no image

純愛カップルは成人式後に大人の体験に没頭する

私は50代のオッサン会社員です。 結婚はしており妻と子供が3人おります。 すでに3人とも社会人となり独り立ちをしておりまして、肩の荷が下りた中年夫婦として新たな道を模索中であります。 そんな中で、久々 …

no image

大学生の時のアルバイト先の綺麗な人妻が人生初えっちのお相手

・きれいな人妻との出会い 大学生の時は親元を離れて一人暮らしをしていましたが、大学生活がスタートした時は友達も少なかったので、まずはアルバイトを始めようと思い、大学の掲示板にあった家具屋さんのアルバイ …