えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

えっちな体験談

甥っ子を小児科受診に連れて行ったら若い人妻のたわわなおっぱいが!

投稿日:2017年8月30日 更新日:

以前、甥っ子4歳が風邪を引いて、かかりつけの小児科に連れて行ったときの話です。

その日は、土曜日で仕事が休みのために家でゆっくり休もうと考えていましたが、甥っ子が風邪を引いたらしいということで、僕が急遽、かかりつけの小児科に連れて行くことになりました。

かかりつけの小児科は、地元でも評判の病院で、いつも込んでいます。

特に土曜日は、待ち時間が2時間となることも珍しくない病院でした。

無事に診察を終えて、会計を待つために待合室で4歳の甥っ子といすに座って待っていました。

甥っ子も、風邪で調子が悪いとはいえ、長い待ち時間に飽きた様子で、とても退屈そうにしていました。

 

そこで、待合室の一角にあるブロックや恐竜や動物のフィギュアが置いてある、キッズスペースのような場所で時間をつぶすことにしました。

そこには、すでに若いママさんが1歳くらいの男の子を遊ばせていました。

もちろん、まったく知らない人ですが、軽く挨拶された(頭を下げられた)ので、こちらも会釈をしました。

そのときに、気がついたのです。

このママさんは、かなりの巨乳であることにです!

見た感じ、顔は上戸あやのようなかわいらしいです。

年齢は、おそらく23~25歳の間というところでしょうか。

胸は、Eカップはありそうです。

 

そして、問題は服装です。

割と胸の大きく開いた白のノースリーブを着ています。

キッズスペースにお座りして、自分の足の間に子どもを座らせて絵本を読んでいます。

絵本を読んでいるわけですから、下を向いています。

その姿が、とても刺激的なのです。

 

なぜかというと、下を向いているからこそ、胸の大きく開いたノースリーブから、今にも巨乳がこぼれ落ちそうです。

見た感じとして、乳房の半分以上は見えています。

もう少し前かがみになると、バスとトップまで見えそうです!

 

僕自身、甥っ子とライオンのフィギュアで遊んでいますが、今すぐに目の前にいる若い奥さんに襲い掛かりたい気分です。

きっと、この若い上戸あやに似た奥さんの後ろに回りこみ、胸をわしづかみにすると、絶対にやわらかいでしょう!

そればかりか、ノースリーブの大きく開いた部分から、手を入れるとすぐにバスとトップに触れることができるでしょう!

それは、どれくらいの弾力なのかを確かめたいと思いました。

甥っ子と動物のフィギュアで遊び、冷静さを装いながら頭の中でも目の前の若い人妻の巨乳を揉みしだいている妄想で興奮していました。

何とか、この若い人妻のバストトップを見ることはできないかと、甥っ子と遊びながら怪しまれないように微妙にポジションを変更します。

しかし、なかなか思うように念願のバストトップを拝むことはできません。

そのようなこちらの葛藤があるにもかかわらず、若い人妻は子どもに絵本を読んでいます。

もちろん、これだけも、おかずとしては十分なのですが、ぜひ目の前の美しい山の頂を拝みたいというのは、男の悲しい性ですね。

この時点で、僕のジュニアは7割くらいの大きさになっていました。

周りの大人には、ジュニアが大きくなっていることを悟られないように十分注意しなければなりません。

 

しかし、いろいろとポジションを替えてはみたのですが、結局、若い巨乳の奥さんのバストトップを拝むことはできませんでした。

そして、無常にも会計の順番が来たことを知らせる、甥っ子の名前を呼ぶ声が聞こえました。

仕方なく会計を済ませ失意のまま小児科を去ろうというときに、甥っ子が「トイレに行きたい」と言ったので連れて行きました。

トイレを済ませて、トイレの外にある洗面所で甥っ子が手を洗っていると、あの巨乳でかわいらしい若い奥様が、子どもを連れてこちらに歩いてきました。

 

その時です!奇跡が起きました。

その若い奥様のお子様がヨチヨチ歩いていたのですが、持っていたアヒルのおもちゃを落としたのです。

若い奥様が、おもちゃを拾おうと前かがみになったとき、とても白いたわわで大きな果実の先端が見えたのです。

白い大きな乳房にこげ茶のとても形の整ったバストトップです。

時間にして、おそらく3秒くらいですが、とても長い時間に感じられました。

とても、刺激的な光景でしたが、若い奥様はそんなことお構いなしで、アヒルのおもちゃを拾った後はお子様をトイレに連れて行きました。

僕のジュニアは、このときマックス状態になっていました。

もしかしたら、我慢汁も出ていたかもしれません。

この、世界で一番きれいな頂のことは、決して忘れることができません。

いまだに、この光景をおかずに一人の時間を楽しんでいます。

 

具体的には、この若い人妻を床に座らせて、後ろから巨乳を揉みしだくと同時に先っちょをクリクリと刺激して、その後はこげ茶で形のよいバストトップを音を立てて吸いながら舐めまわすのです。

若い奥さんは、感じて声を出さないように耐えますが、時折、と息が漏れるのです。

僕は、絶対に、奥さんが降参するまでは、決して入れてあげません。

 

これが、僕が目撃した世界で一番きれいな山(巨乳)の頂のお話です。

-えっちな体験談
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

エッチの時に男が引く原因とは。会社の同僚と飲みに行ってエッチ

・よく話をしていた同期の女の子と飲み会。 40歳の会社員です。 玩具を作っているメーカーに勤めています。 私は営業をしているのですが、現場や顧客の意見をマーケティングにフィードバックするのも仕事のうち …

no image

実録、変態彼女との忘れられない変態行為の数々

ドMな要求の数々 これは、出会い系サイトで知り合った彼女との変態すぎる体験談である。 彼女の名前はちひろ、カフェで働いている24歳のどこにでもいる女の子だ、彼女との出会いは出会い系サイトで、会ったその …

no image

ドS彼氏に調教されたドM彼女のえっちな体験談

●16歳歳上彼氏ができました 20歳の頃に職場で知り合った36歳男性。 出会ったばかりの頃は会話を交わす程度でしたが、彼からよく食事に誘われるようになりました。 大人の男性という事もあり、とても紳士的 …

no image

エッチなことが大好きな旦那さんが止まりませんでした

◆結婚をした途端、エッチなことをたくさんし始めました 私は、結婚をしてまだ2ヶ月という新婚ほやほやです。 結婚をするまでは、お互いに住んでいるところが離れていたので、会うときには買い物をしたり食事をし …

no image

オナニーか兄にバレた!無理矢理レイプ、近親相姦の始まり。

【性的なことに幼いころから興味がりました】 私は30歳の独身女性です。 現在は地元の老人ホームで介護士として勤務しています。 私は昔から冴えない存在でした。 視力が悪く小学校から瓶底メガネをかけていま …