初めてのオナニー

最初のオナニーは小学校の時!それ以来治らず身体への影響が不安に

投稿日:2017年7月28日 更新日:

最初に自慰行為を行ったのは、小学校の時です。

きっかけは、覚えていません。

場所は、自宅。母がなんとなく見たようでしたが、「何してるの?」と自然な感じで尋ねられ、「別に」と言ったら、そのまま、用事をしていたので、見咎められた感じはしませんでした。

体の奥底から、満足感が得られたのを覚えています。

でも、「何してるの?」と尋ねられた時に、ドキッとして、本能的に、「これは言えない事なんだ」と感じた事は、よく覚えています。

もちろん、父に知られたら、大変な事になると、本能的に感じました。

 

それが、なんとなく、魅力になったのは、否めません。

自慰行為の味を覚え、その後は、布団に入ると、時々、していました。

今思うと、ストレスが溜まった時が、多かった気がします。

小学校の担任には、変ないじめられ方をしていました。

家庭訪問の時に、父が、ちょっと苦言を呈してから、若い女性の教員は、陰湿ないじめ方を私に対してするようになりました。

他にも、えこひいきが酷い人だったため、クラスメートには、いじめられませんでした。

「また、先生がいじわるしてる」という感じで、みんな、子供の方がさめていました。

でも、ストレスは酷く、無意識のはけ口を求めていたのでしょう。

 

中学になっても、高校になっても、自慰行為は、ひそかに続きました。

頻度は減りましたが、やめる事は出来ませんでした。

周期としては、生理前後が多かった感じです。

生殖機能が高まった年代では、ソコへの刺激は、ホルモンとの関係があったのかもしれません。

 

大学時代、三角関係に陥り、失恋しました。

その直後は、一気に自慰行為が増えました。

イライラして、快感を求めていました。

その頃には、自分なりに、どのくらいの刺激を与えると満足できるかを分かっていましたが、我慢できない感じで、刺激を強くしていました。

 

大学卒業後、就職先で、彼が出来ました。初めての両思いで、とても幸せでした。

手をつないだだけで、体が熱くなったそうです。

私自身には、分かりません。

手をつないでいた彼が、「熱があるんじゃない?」との驚いて言ったからです。

もちろん、発熱していませんでした。

「どんどん体が熱くなっているよ!」と、彼は驚いていました。

その言葉を聞いて、心底嬉しかったのを覚えています。

自慰行為への不安の1つが、体に異変が生じているのではないかという事だったからです。

自分で変な刺激を与え続けていたため、正常な反応が起こらなくなっていたら、どうしようと、それが、とても不安でした。

彼が出来た時に、体がきちんと反応しなかったら、どうしたら良いのかと、不安が強かったものです。

不安感から、彼に告白された時も、すぐに、手をつなぐところまで行きませんでした。

体の接触に、警戒していました。

反応が出なかったらと思って、怖かったのです。

 

彼との交際は、半年でした。

私の方から、振ったのです。

結婚を前提とした時、家族の問題がモメるきっかけとなり、当時、若かった私は、ひどく拗ねてしまいました。

けっきょく、こじれを解消できず、破局を迎えました。

もちろん、エッチはしていません。

そのため、本当にセックスをした時、自分の体がどう反応するかは、分かりません。

でも、手をつないだだけで、体が熱くなるなら、支障はきたしていないのだろうと、勝手に思う事にしています。

ただし、破局を迎えた事で、また、自慰行為にハマるようになりました。

やはり、生理の前後になると、刺激が欲しくなります。

刺激にうっとりしている自分は、異常なのだという罪悪感があります。

その罪悪感が、一種の媚薬になった感じです。

 

本当に愛する人と、体で結びついたら、自慰行為は、やめられるのか?

それが不安でした。

けっきょく、生理が来なくなって、自然と、欲求は無くなりました。

不思議なものです。

あれほど止めるには、どうしたら良いのか、考えていたのが、バカみたいに、生理がなくなったら、自慰行為への欲求も無くなりました。

自慰行為は、私にとって、ストレス解消の手段でした。

思春期は、異性への関心が、自分でも抑えられないほど、強くなりがちです。

その欲求が、アソコへの刺激という形を取ったようです。

体への機能的な影響は、ないと言えそうです。

ずっと、その点が心配でした。

実際に異性と触れ合った時に、体が反応した事で、自慰行為の影響は、生じていない事が、確認出来ました。

正常な生殖活動が出来れば、自慰行為は、止める事が出来たかもしれません。

自慰行為は、周期としては、生理前後。

そして、生理がなくなったら、自慰行為への欲求が無くなった事を考えると、女性ホルモンの影響も、受けていたかもしれないと、ちょっと考えています。

刺激が欲しいというのは、どことなく、生物的な側面がありました。

適切な生殖活動が出来れば、自慰行為からの卒業は、可能だと、思っています。

正々堂々と、快感を得られるには、自慰行為からの卒業が大切だと思います。

愛する人と、体でつながる事を、大切にするのが良いと、今にして思います。

-初めてのオナニー
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

遅漏にならないために初めてのオナニーは正しい知識を持とう

一般的に、異性の体など性的な事に興味を覚え始めるのは小学校高学年から中学生などいわゆる思春期と呼ばれる時期になります。 なのでこの時期に自慰行為を覚える事も多いのですが、初めての自慰行為の際にはいくつ …

no image

18歳の冬、36歳既婚者とセックス。大学生になっても関係は続く

私は21歳の時に初めて本格的な自慰行為というものを経験しました。 初めての自慰行為だと言うのに、恥ずかしいことに男性の前でする事になったのです。 なぜ、男性の前で私は自慰行為をする事になったのか?また …

no image

何も知らずにオナニーをしていた幼稚園児時代

初めての自慰の記憶 記憶にある限り、私が初めて自慰らしきものをしたのは、幼稚園の頃です。 その場所は、今思うと驚きなのですが、自宅のベランダでした。 今は壊れてしまったその場所は、当時は洗濯物干しに使 …

no image

Dカップのオタク趣味JS6が自慰を覚えた夏休みまでの話

JS、性の目覚め 初めて性的興奮を感じたのは小学校に上がってすぐの頃でした。 母は絵が好きで、家には画集やポスターがたくさんあり、私自身も絵を描くのが好きだったので母のコレクションをよく眺めていました …

no image

中学生のころ、初めての自慰行為は初エッチより気持ちが良かった

・朝一から悶々として・・ 男性に生まれてきた以上、ある一定の年齢に達すれば、自然と射精という生理現象に行きつきます。 私の場合、それは中学1年生の時に訪れました。 その日は、朝から妙に悶々としていまし …