えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

高校生(JK)初体験・初えっち

私が高校生で処女を卒業するまでの道のり

投稿日:2017年7月27日 更新日:

早く卒業したい!

私は、初めてエッチをしたのは高校1年の時でした。

小学5年生の時に、初めての彼氏ができましたが、小学生なのでキスすらもなく終わり、それからも何人か付き合ってはきましたが、エッチまでの関係になった人はいませんでした。

高校に入って、新しく出来た周りの友達も、経験者はいなかったのですが、私はもう早く処女を卒業したくて、エッチに対して興味津々でした。

 

おませな小学生

小学5年で彼氏がいるというのは、私の田舎では珍しいということもあり、私はおませな子だと言われていました。

でも、その当時の私の周りの友達も、似たようなタイプが多く、友達の家に集まっては、大人に隠れて「エッチごっこ」という遊びをしていました。

実際に服を脱いだりするのではないのですが、男役と女役になって触りあったりしていました。

親のAVを見せてくれた友達もいました。

とにかくエッチに対して、興味津々な子供時代でした。

でも実際、彼氏を前にすると恥ずかしくて、手を繋ぐだけで精一杯でした。

 

先輩に憧れた中学時代

小学生の時は同級生相手でしたが、中学生になり、先輩と言う存在に憧れがありました。

私はイケメン好きなので、私が好きになる相手は、高嶺の花で、とても付き合えるような人ではありませんでした。

ただただ毎日、廊下を通る姿を遠くで見つめていることしかできませんでした。

でも、2年生のバレンタインデーの時に、勇気を振り絞って手作りチョコを渡し、告白しました。

先輩は、受け取ってくれて、なんと付き合ってくれると言ってくれました。

私はもう嬉しくて嬉しくて、先輩とならエッチしてもいいと思っていました。

 

休み時間、先輩に呼び出されて、人気のない校舎に連れていかれ、そこで初めてのキスをされました。

もう、心臓がバクバクして、怖いような嬉しいような、変な気持ちでした。

先輩のことが大好きでした。

でも、先輩にとっては、私はただの遊びでした。

ホワイトデーには、もちろん一緒に居てくれるのだと思っていましたが、私が部活をしている時に、先輩は女の先輩と一緒に帰っていきました。

それから、連絡もなくなりました。

最悪な形で自然消滅してしまい、そのショックもあり、しばらくは彼氏が作れませんでした。

 

初めては未遂

そんな子供時代を過ごしてきた私に、高校1年で、やっとまた彼氏ができました。

相手は、友達からの紹介で付き合うことになった、他校の同級生でした。

彼はとても優しくて、面白くて、今まで付き合った人とは違う、親近感みたいなものがありました。

早く処女を捨てたいというのも、直接言えるほどの距離感でした。

 

ある日彼の家に遊びに行くことになりました。

処女を捨てたいと宣言していましたから、エッチをしに行くも同然です。

彼は経験者でしたので、焦らずまずはお菓子など食べながら、いつものように話をしていました。

ふと、キスをして、いい雰囲気になってきました。ゆっくりと服を脱がされ、あぁついにするんだな・・・と思っていましたが、いざとなると、なんだか急に怖くなってきました。

もちろん、初めてなのでどんなものかもわからず、私は途中で「やっぱり無理」と、止めてしまいました。

優しい彼は、ちゃんと途中で止めてくれ、「ゆっくりでいいよ」と言ってくれました。

 

でもやっぱりしたい!

私が「止めて」と言っておきながら、エッチへの興味は増し、妄想ばかりしていました。

それからも、何度か挑戦しました。

でも、やっぱり途中で止めてしまいます。

でもしたい!なんて、ワガママですが、彼は気長に付き合ってくれました。

彼の家と私の家は遠かったのですが、彼は夜でもバイクに乗って、私に会いにきてくれたり、とても尽くしてくれました。

私はその頃には、1人部屋をもらい、1階の部屋だったので、窓から入ってもらって、部屋に鍵をかけ、家族にバレないようにこっそり夜に会っていました。

 

やっと・・・

いつも、家に来てもらった時にも、エッチをしようとするのですが、途中で止めていて、申し訳無い気持ちがつのってきました。

今日こそは!とその日私は決心していました。

毎回、途中で止めてもらっていましたが、彼は徐々に指で慣らしてくれていて、最初は小指から・・・小指に慣れてきたら人差し指・・・と、私は慣れていきました。

それなので、その日はもう指はあまり痛くはありませんでした。

彼はゆっくりと、私の様子を見ながらしてくれました。

とうとう、結ばれる日が来ました。

終わってみての感想は、「なんだ、こんなものか」でした。

彼が慣らしていてくれたおかげで、全く痛くなく、あっさり終わりました。

気持ちいいとも思いませんでした。

私が夢描いていたものとは、違いました。

それでも、周りの友達より、先に卒業できたという、優越感みたいなものがあって、私は周りに自慢していました。

 

目覚めてしまった結果

それからは、躊躇することなく、彼とは会うたびにエッチをしていました。

もうそれが当たり前で、普通のデートは無くなっていきました。

回数を重ねるたびに気持ち良さがわかるようになり、私たちは猿のようにエッチばかりしていました。

しかし、ある時、彼が乗って帰るバスを待っている時に、駐車場の影に隠れて指を入れてきました。

そこでなぜか、急に冷めてしまい、私はエッチだけの女か!という気持ちが強くなってしまいました。

結局、あんなにしたがっていたエッチが原因で、私は別れることにしました。

今思えば、とてもワガママな女でした。

-高校生(JK)初体験・初えっち
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

高校生の時に誰もいない学校でセックスをした思い出

・私が処女を卒業した実はエスっ気な男子に一目惚れしたこと 私は、高校に入学した時、クラスでひときわ目立つ男子がいました。 彼は、さわやかなルックスで、人当たりもとても良かったのです。 何と言っても目が …

no image

童貞の自分とバイト先のJC処女。泣き叫ぶ処女膜開通

高校生の時に、付き合っていたバイト先のJCの女の子と初エッチをすることになったのです。 私もその時初めてで、彼女も処女と言うことから、どのようにしていいのかわからなかったです。   ⑴ 初め …

no image

高校時代、花火大会の帰りに彼女と公園でセックス

私は中学時代は女子生徒と親密になることができませんでした。 その反省を活かして、高校生になったら絶対に彼女を作って青春をエンジョイしようと考えていました。 そして自宅から自転車で行くことができる一番近 …

no image

高校生の私はにテンガを求めて薬局へ、するとお姉さんが

はいっ!オナニー一筋の20代のフリーターです。 カネなし職なし、女なしの日々の中で唯一のオアシスがオナニーです。 アダルトDVDを基本にエロ動画やエロ画像、エロい妄想などを駆使して毎日やりくりしており …

no image

高校生で初体験。大好きな人に処女をささげる。

周りの女の子の初体験の年齢を聞くと、結構早かったりするので私は遅いほうなのかもしれません。 18歳、高校三年生の時に処女喪失しました。相手は剣道部の高身長彼氏。 夏休み、毎日のようにお互いの家に行きい …