えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

大学生初体験

バイト先での出会い、そしてペンションで処女を卒業

投稿日:2017年7月3日 更新日:

・コンビニでの出会い。

私は、コンビニでバイトを始めました。

商品を並べたりレジを打ったりと思っていたより楽しい仕事でした。

3ヶ月ほど後から一人の男性がバイトで入ってきました。

私がこの男性に仕事の内容を教えることになりました。

この頃になると私は、商品を並べたりすること以外の他の仕事もさせて貰えるようになっていました。

コンビニでの仕事は、商品を並べ、レジを打ち、唐揚げなどを調理し、ゴミや段ボールを片づける大変なことも多い仕事でした。

 

一通り仕事のことを彼に伝授し話すことも余りなくなってきた頃、大学で偶然彼に会いました。

私たちは、同じ大学の学生だったのです。

バイト先で名前は知っていましたがお互いに自己紹介をすることもなくコンビニでバイトをしているだけの関係でした。

「あっ、ここの学生だったの?」とお互いにビックリしました。

それをきっかけに話をするようになりました。

よく見るとなかなかの美形でした。

私は、「彼はこんなに格好良かったっけ?」と自問自答していました。

 

バイト先で同じ時間に仕事が入っているとチョット得した気分でした。

寡黙な人かと思っていましたが、ジョークもいうし気さくに話もする人でした。

「何で、初めてあったころ話もしなかったんだろうね」というと「必要なかったからだろう」と素っ気ない返事が返ってきます。

バイト先で一緒になっただけのことです。

必要なことしか話しません。

しかし、「こんな可愛い女性を前にして話したいとか思わなかったの?」というと「こんないい男、前にして何とも思わなかったのかよ」と返されお互いの大笑いをしてしまいました。

 

・バレンタイン、彼が女子学生に囲まれていました。

バレンタインの季節です。

彼が数人の女子学生に囲まれているのを偶然見かけました。

「へえ~、モテるんだ。」と私は思いました。

その日もお互いにコンビニでのバイトが入っていたので「見ちゃった、モテるんだね。」「当たり前だろ、俺を誰だと思ってるんだよ。」と笑いながら話しましたが彼の様子からすると決まった彼女はいなさそうでした。

「彼女、いないの?」と聞くと「なってくれる?」と彼が答えました。

どこまで本気か分かりません。

相手にするのは止めようとコンビニの仕事をしました。

・返事は?

コンビニの仕事が終わると彼が「チョット待てて」というのでコンビニの控え室で待っていました。

彼と私は、一緒にコンビニを出ました。

歩きながら彼が「さっきの返事聞かせて」といいました。

「何だっけ?」と私は何のことか本当に分かりませんでした。

「彼女になるって話だよ。」と彼がいいました。

「えっ、本気だったの?」「冗談でいうことじゃないでしょ。」と彼が真剣な顔でいっています。

私は、このときも彼が真剣にいっているのだとは思わず半信半疑でした。

「本気?」私はもう一度彼に聞きました。

「本気。」と彼はもう一度答えてくれました。

私は「なってあげるよ。」と答えました。

本当はこんな答え方ではなくもっと嬉しい気持ちを込めて返事をしたかったのですが、ふざけた感じになってしまいました。

 

・試験休みに二人で出掛けよう。

バレンタインの後、大学は休みに入りました。

私と彼は二人で一泊の旅行をすることにしました。

二人で出掛けることを承諾してしまったのです。

これまで手もつないだことがありません。

彼とは付き合い始めてまだ僅かです。

「OKしてよかったんだろうか。」と私は悩みました。

しかし、二人で出掛けようといわれたとき嬉しかったのも確かです。

行きたい気持ちが迷う気持ちより勝っていたのも確かでした。

彼と顔を合わせたとき少し落ち込んでいた私に気づいた彼は「迷ってんだろ。」といいました。

図星です。「ウン」というと「なんで?」と聞かれました。

「色々、複雑に・・」と私が返すと「駅で10時に待ってるから」といって彼はコンビニのバイトに行きました。

 

・二人で出掛けます。

私は10時の待ち合わせに遅れないように駅に向かいました。

彼はもう来ていました。

私は、彼を見て舌をチョット出して照れ笑いをしてしまいました。

彼は、私の頭を指でコツンとしてくれました。

私たちは電車に乗り冬の海を見に行きました。

とても寒かったです。

彼が私の手を取り手をつなぎました。

そのまま彼は自分のジャケットのポケットに手を入れました。

そのまま暫く歩いていました。

彼が立ち止まり私にキスをしてくれました。

肩に手を回し彼は私を抱き寄せました。

冬の海は他に人はいませんでした。

今日泊まるペンションに戻りました。

ペンションのオーナー夫妻と夜遅くまで話をしていました。

いいご夫婦でした。

部屋に入ると彼が「寒くない?」と毛布を二人並んで座ったところにかけました。

私たちは窓から見える沢山の星を眺めていました。

「来て後悔してる?」彼が聞きました。

「後悔なんてしてないよ。」私たちはその晩初めて結ばれました。

私は初めてでした。

彼は初めてだったかどうか今となっては分かりませんがいい思い出になっています。

-大学生初体験
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

大学の卒業旅行(グアム)で外人にナンパされて童貞卒業できた

卒業旅行でグアムに行く 私は、現在30歳で会社員の男です。 名前は達也と言います。 私は昔から旅行が好きで、友人や家族と様々な場所を訪問してきました。 その中でも最も記憶に残っているのは22歳の大学四 …

no image

初体験は大学生、しかも50代のアルバイト先オーナーと

大学生になった私は親元を離れて生活が一辺しました。 人生初のアルバイトもして、合コンにも参加する様になり、生活が一辺しました。 それまではどちからと言うと真面目な女子高校生というイメージを持たれていた …

no image

初恋の人との初体験は『泊っていって』と言われ彼女の家で

1、初恋の人への未熟で性急なえっち要求 それは大学3年の時の秋のことです。 うぶだった私は同い年の初恋の人への告白が実り、たびたび彼女の住むアパートを訪れていましたが、若い二十歳の青年として当然ながら …

no image

大学生でお互い童貞と処女。少し遅いドキドキ初体験

勉強一筋で遊ぶことを知らなかった私 私は、今から七年前に東京の某有名大学法学部に合格しました。 元々物覚えの良い方ではなかった私は、他人の数倍は勉強をしました。 そのため、高校卒業まで殆ど遊びに出たこ …

no image

2年以上片想い。童貞の初体験は悲しみの挿入1cm

○はじめに おれは今28歳です。 おれの初体験は大学3年の夏休み。 もしかすると、はたから見ると、それは初体験じゃないと言われるかもしれない。 でも、おれにとっては大事な大事な初体験の思い出なんです。 …