えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

出会い系・マッチング

出会い系アプリで何度か出会うと実際に会う抵抗はなくなります

投稿日:2017年6月27日 更新日:

昔はインターネットを通じて出会う行為に対して恐怖心しかありませんでした。

ニュースでも出会い系サイトで知り合った関係でトラブルに発展するなど耳にしていましたし、そもそも知らない人に会う事など「ありえない」とさえ思っていました。

しかし、人の考えは変わるもので、実際に会ってしまえば恐怖心など消え去ってしまいました。

当時、私は20代前半で、仕事先と家の往復だけの日々に退屈していました。

家に帰ってもネットサーフィンをするくらいで趣味もありませんでした。

そのネットサーフィンをしている時に、ある無料通話アプリの掲示板にたどり着きました。

無料通話アプリは知人との電話連絡用に登録してありましたが、知らない人と交流する使い方はしていませんでしたが、掲示板を見るくらいなら何の被害もないだろうと考え、書き込まれた内容を読んでいました。

書込み内容には、自分の年齢や性別、地域を書き込んでいる人もいて、自分が住んでいる地域から近い人もいました。

そのような書込みを見ていると「メッセージを送ったらどうなるんだろう?」と思うようになってしまい、一人の女性にアプリで連絡できるように申請メッセージを送ってしまいました。

送信してから10分以上経過しても何も反応がなく、どうしても反応が欲しくて他の人にも申請メッセージを送信しました。

掲示板に書き込まれている見える範囲の女性全員に申請していると、2人の方から反応がありました。

アプリを通じてチャット形式で会話したり通話してみましたが、知らない人と話す事にそれほど抵抗はありませんでした。

しかし相手との相性がよくなかったせいかどちらの女性も連絡は長く続きませんでした。

 

それから、その掲示板を閲覧する事が多くなり、女性に申請メッセージを送る日々が続きました。

40人ほど申請を送り経験を繰り返していると、相性の良い相手がわかってきました。

3人の女性と連絡が続くようになり、時間があえば通話もするようになりました。

お互いの容姿の話にもなり写真の交換もしました。



そうして仲良くなっていくと実際に会ってみたいと思うようになりました。

最初は、ネットで知らない人に出会う事など一生ありえないと思っていましたが、その時は会ってみたいと思うようになっていました。

仲の良い3人の女性のうち、電車で1時間半ほどの距離にいる方がいたので、その人と会うように話を進めました。

会いたい気持ちを伝えてみると、すんなり許してくれたのをよく覚えています。

会うと決まってからは、集合場所や日程を決める連絡のやりとりがとても楽しく、退屈な日々が嘘のように充実していました。

お互いの写真は事前に見せあっていましたので安心していましたが、写真と実際に見るのでは少し違ってしまうだろうと考え、髪型や服装に気を使い念入りに準備し当日を待ちました。

待ち合わせ場所に着くと、集合時間の15分前なのに相手の方が既にいました。

実際に会うまでは緊張していましたが、会うまでの連絡期間があるためすぐに打ち解けることができました。

ランチを一緒に食べてからカラオケにいって、歌ったり通話の続きの話をしたり時間はあっという間に経過していきました。

夜になって遅くなる前に帰る提案をし、その日は終わりました。

 

家に帰ってからも無料アプリでチャットや通話をして、その日のお礼など楽しい時間を過ごせましたが、何かもの足りなさを感じていました。

実際に会うことは刺激的でとても楽しかったのですが、会ってしまうと少し違うというか、チャットや通話をしている時の楽しい気分に比べると「それほどでもない」という気持ちになっていました。

相手の方は素敵な女性で男性が寄ってきそうな魅力がある方でしたが、会うよりも会う前の方が楽しかったと思い込んでしまいました。

それから同じ人と何度か会い、食事や買い物をして楽しく過ごしましたが、会う度に楽しさが減少していきました。

ある時に、一番楽しさがピークだったのは、初めて会う時の予定を決めている時だったと気づきました。

どうやら私は、実際に会うよりも、会うまでのワクワクした気持ちが楽しさのピークと感じるようで、それに気づいてから無料アプリをつかって他の女性にも会うような話を進めるようになっていきました。

会うまでにはチャットや通話で仲良くなって、そこでようやく会うことを提案するのですが、会うのことに抵抗ある女性がほとんどで、順調に話が進むのは稀でした。

だからこそ、そこにやりがいを感じてしまった私は、会うまでのプロセスをさらに楽しむようになってしまいました。

どんな言葉を伝えれば喜ぶとか、会いたい事を伝えるタイミングとか経験を積み重ねていくうちに、ネットで出会うことに対して全く抵抗がなくなっていました。

そうやって複数の女性と連絡を続けて、実際に会えた人も何人かいますが、女性のトラブルもなく順調に楽しむようになっていました。

その後、会うためのプロセスを楽しむことにも飽き、ネットで女性に出会う事はやめてしまいました。

当時ネットを通じて知り合った人のうち1人だけはずっと連絡が続いて、年に4回くらいは会う友達になりました。

恋人同士ではなく、ただの友達としてこれからも仲良くしたい相手です。

友達、恋人がほしい方は試しに始めてみてはいかがでしょうか?


-出会い系・マッチング
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

出会い系サイトで失恋したばかりの傷心の女子大生と深夜のH

夜中のすぐ会いたい掲示板 私は会社員で平日が休みなので、飲みに行くのも平日が多いです。 その日は水曜日。 次の日が休みなので新宿のキャバクラで飲んでいました。 時計を見るとアッという間に終電間際の時間 …

no image

ミントC!Jメールを利用してみた感想と評価。他の出会い系の差は?

出会い系というジャンルのものは巷に沢山存在していますが、私はあらゆる出会い系を試してみました。 ひと昔前で言えば、【スタービーチ】なんて最高の出会い系サービスだったのですが、プライバシーの観点やいきな …

no image

出会い系での初めての出会いは人が多い駅中のカフェがおすすめ!

私が出会い系サイトで出会った人との事をまとめてみます。   ☆誰でも手軽に始める事が出きる出会い系サイトは便利。 私が出会い系サイトを普段から使う様になったのは、毎日楽しい事がないことや、単 …

no image

出会い系で現役JDムッチリ巨乳と巨漢デブスと会った記録

1. 出会い系を始めた理由&JDとの出会い これはまだ最近の話で、去年の10月ごろの事である。 当時の僕は彼女はいましたがそれ以上に女体を探してました。 風俗は高いしなによりプロだ。 私は安くそして素 …

no image

中学生3年生になる前の春休みに出会い系サイトで出会い初えっちをした。

私の初えっちは中学3年生になる前の春休みの時だったと思います。 中学校に入ってから違うクラスの女の子が先輩と付き合っている話や、違うクラスの女の子がもう初えっちを済ませている話など、色々な話を噂で聞い …